工業地域の種類について

四大工業地帯と新地域

新たに発展する工業地域

1950年代から1970年代にかけて生じた高度経済成長期、日本の経済発展を支えたのは、都心部を中心として形成された四大工業地帯です。京浜、中京、阪神、北九州の四地域に形成されました。この時期は、家電産業や自動車産業などの重化学工業を中心として発展しました。製品の種類としては、三種の神器とも言われたテレビ・洗濯機・冷蔵庫を中心に大量生産が行われました。高度経済成長期が終焉し、安定成長期の時代が長く続いていますが、この間に、京浜、中京、阪神、北九州を中心とした枠組みは大きく変化し、新たな地域での工業生産が増加しています。現在は、自動車産業が活発な中京、化学・医薬・機会など他種類の産業が活発な阪神に続いて、瀬戸内、関東内陸の工業地域が生産額を伸ばしています。瀬戸内地域は、造船、繊維、石油化学など多種類の産業がさかんです。一方で、関東内陸地域は、輸送機器に関する産業を中心とした工場が立ち並び、生産額を大幅に伸ばしてきました。先に述べた高度経済成長を支えた京浜、北九州のうち、京浜については、鉄鋼、機械、化学を中心に生産額を維持していますが、北九州については、製鉄業を中心に栄えましたが、エネルギーの中心が石炭・鉄鉱石から石油と変化したことにともない、製鉄業が衰退し、現在は自動車産業を中心に生産額は一定程度ありますが、その額は大きい額ではありません。このように、日本の工業の生産は産業の進展ともに、縮図も変遷しながら発展しています。

バックナンバー

工業の情報

↑PAGE TOP